【会長の挨拶】

tikukyo3皆様、こんにちは。
新年度の会長を拝命いたしました、田原和己(たはらかずみ)でございます。
大分県中津市在住の昭和38年生まれで現在55歳です。
仕事はブラインドの製造販売です。
家族構成は家内と長男です。
家内とはローターアクトで知り合い結婚し長男を授かりました。
我が子はロータリーの青少年奉仕があっての命でございます。
言えばロータリーの子供です。 長男は現在、九州大学工学部大学院修士一年で地下資源工学を学んでいて今は北海道大学大学院で研究をしています。あとは猫が3匹同居しています。
私のロータリー歴は21歳で中津中央ローターアクトクラブに入会し地区代表を経験させて頂き、アクト卒業と同時に30歳で2720地区中津平成ロータリークラブに入会させて頂きました。
クラブ幹事や週報担当を長年させて頂きまして20年近く在籍しましたが仕事や諸々の関係で退会しサンライズに推薦され今に至ります。
ロータリーの事は色々と書きたのですが、長くなりますので今後の会長の時間で書かせて頂きます。
一年間、よろしくお願いいたします。

前年度まで二年間会長と幹事をして頂いた、新居田さん西井さんに心より感謝申し上げます。
前回の例会で新居田前会長が言われてた様に、我がクラブは大きい問題があり、お二人にその解消にご尽力頂き正常化への道を歩いています。 まだ全面的に解決はしていませんが、今後も地区の皆様と当クラブ会員全員で問題解決をして行きたいと思っています。 よろしくお願いいたします。
私の会長のテーマは「ロータリーを学び奉仕をしよう」です。
ロータリーの基本を学び、会員の親睦ができればその力で奉仕の実がなります。
私達の存在が世界に喜んでもらえるようになりましょう!
会長方針は別途、発表いたします。
よろしくお願いいたします。
ありがとうございます。

 

ロータリーの基本理念

ロータリーの基本理念は、ロータリアン共通の目的や指針として、長い年月をかけて形づくられたものです。

互いの関係や行動の土台として、世界中のロータリアンがこれらの理念を大切にしています。

ロータリーの目的

ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある:

  • 第1  知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること;
  • 第2  職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること;
  • 第3  ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること;
  • 第4  奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること。

四つのテスト

ロータリアンが生活や仕事の場面で常に覚えておくべき4つの問い、それが「四つのテスト」です。政治や宗教に関係なく、すべての人びとの倫理的指針となるこのテストは、100カ国語以上に翻訳されています。

言行はこれに照らしてから

  1. 真実かどうか
  2. みんなに公平か
  3. 好意と友情を深めるか
  4. みんなのためになるかどうか
Copyright(c) Rotary E-Club Sunrise of Japan. All Rights Reserved.