【会長の時間】

tikukyo3皆様、こんにちは。
会長の田原和己(たはらかずみ)でございます。
新年度がスタートして2回目の例会になりました。
前回の例会でもお話したように豪雨災害は深刻です。
豪雨災害で被災されまいた方々にお悔やみとお見舞いを申し上げます。
本当に災害はいつ来るか分かりません。
私達も何かを考え行動をしたいと思います。
地区の方から連絡があれば理事会で話し合いたいと思います。

7月13日金曜日、地元の2720地区宇佐八幡RCにメーキャップさせて頂きました。
2720地区は大分県と熊本県で構成されています。
宇佐市は中津市の隣の市です。
宇佐八幡様の名前が付いた格式あるクラブです。
宇佐神宮(宇佐八幡)は全国に4万社あまりある八幡様の総本宮です。
八幡大神(応神天皇)・比売大神・神功皇后をご祭神にお祀りし、神亀2年に創建されました。
皇室も伊勢の神宮につぐ第二の宗廟(そうびょう)として御崇敬になり、一般の人々にも鎮守の神として古来より広く親しまれてきました。
詳しくはこちらにリンクしています。http://www.usajinguu.com/lineage.html

今期初のメーキャップさせて頂きました。
今期で創立30週年のクラブです。
記念式典は11月4日です。
お誘い頂きましたので登録さて頂こうと思います。
皆様、仲が良く雰囲気の良いクラブで女性会員、若い世代の会員が多く素晴らしい例会運営をされていました。
例会では宮司様とも同席させて頂き、参拝のお約束をさせて頂きました。
勉強させて頂き、ありがとうございます。
私は今期中12クラブを目標にメーキャップさせて頂こうと思っています。
当クラブのPRもさせて頂きました。
宇佐八幡RC皆様の熱い歓迎に感謝いたします。

例会はクラブの基本だと再認識されました。
私達のクラブはネット上が基本で親睦が難しいです。
私も会長になり実感しています。
例会の出席と例会の充実は会長幹事の責任ですが皆様のご協力が必要です。
よろしくお願いいたします。
001


【幹事報告】

2018-2019平賀幹事第2回例会の幹事報告をさせていただきます。

(1)ガバナー公式訪問の卓話資料が届いております。
ガバナー公式訪問例会の際に印刷して資料を配布させて頂きます。
今年度のガバナー公式訪問は出席率100%を目指したいと思います。

(2)「平成30年7月豪雨」義捐金について

 

 

 

 


【プログラム ~役員・理事・委員長挨拶~】

Akira Niida 32018-2019年度 R財団/米山記念奨学委員長と奉仕プロジェクト委員長を兼務させていただく、新居田です。

2018-2019年度、バリー・ラシンRI会長は「BE THE INSPIRATION(インスピレーションになろう」とテーマを掲げられ、樫畑RID2640ガバナーは地区指針として、「ロータリーを楽しもう」と設定されています。
我ら田原会長は、「ロータリーを学び奉仕をしよう」と会長方針で述べられています。

担当させていただく委員会は、これら3つの方向性を具現化する上で重要な役割を担う委員会となっています。

ご承知の通り、Eクラブの年会費は、トラディショナルクラブの年会費と比較して、約1/3程度に抑えられています。
これは、例会場、飲食、事務局員など間接的な経費が、ほとんど掛かっていないことで実現しています。

その分、R財団や米山記念奨学会への寄付、様々なクラブで行う奉仕活動のための資金は、別途会員の皆さまにご支援、協力いただき易いのではないかと考えています。

ロータリアンである上で、奉仕活動は、最重要な活動です。
継続奉仕プロジェクトである、「いのちの電話支援プロジェクト」、2度に渡る「阿蘇ジオパーク支援プロジェクト」など有意義な奉仕活動を行なっています。

クラブ会員の皆さまが、職業奉仕、クラブ奉仕、様々な奉仕プロジェクトを通して、楽しみを見つけていただき、また、ロータリアンとしての意義、喜びを感じていただける奉仕プロジェクトを、理事会で審議して、進めていきたいと思います。

また、次年度以降へツナグ、国際奉仕プロジェクトやEクラブらしい独自の奉仕プロジェクトを、中長期で検討していくことも、今年度の活動の一つとして進めていきたいと思います。

詳しくは、2018-2019年度奉仕活動計画書をご覧ください。

皆さま、奉仕活動を楽しみましょう!!


tamura前年度より会計を任されております、田村聡子です。2018-2019年度も引き続き、よろしくお願い致します。
会計は、主に自クラブ会員よりの年会費やロータリー財団寄付、米山奨学寄付、ニコニコボックスへの寄付を徴収し、お預かりして、REC Sunreise of Japanのメイン口座に加え、ロータリー財団寄付及び米山記念奨学金を集める口座、さらに、来年度の自クラブの奉仕活動の資金源となりますニコニコボックスのための口座、以上、三種類の口座を管理し、国際ロータリー日本事務局への振込みや、地区賦課金の支払い等の処理をさせて頂いております。奉仕に繋げる大切な資金を無駄にしないよう、明瞭な会計に務めて参ります。
まだまだ不慣れですが、会長と幹事の理事の皆様のご教示を受けながら、迅速に対応していきたいと思います。
また、理事会において、会長、幹事、各委員長と共に奉仕の精神を持って親睦を計り、クラブの土台を築き、十分な奉仕活動ができますように、努力していきますので、何卒、よろしくお願い致します。

2018-2019年度 会計 田村 聡子


Copyright(c) Rotary E-Club Sunrise of Japan. All Rights Reserved.