【副会長の時間】

tikukyo3 本日は、第9回 通算344回例会となります。

会長代行の西井です。

前回の例会は、ガバナー公式訪問例会として、樫畑ガバナー、豊田ガバナー補佐、脇坂地区副代表幹事をお迎えし、当クラブの事務局のある和歌山市六十谷で通常例会方式で開催させていただき、北は埼玉、南は佐賀から会員に終結いただきました。

例会に先立ったガバナーとの懇談会には、会長代行と幹事以外の役員・理事も参加していただき、クラブの現状、地区の現状など、様々な点についてお話をさせていただき、予定時間を大幅に延長して、有意義な時間となりました。

例会では、樫畑ガバナーより、当クラブの未来に向けたキッカケとなる、素晴らしいガバナーアドレスを頂戴しました。

樫畑ガバナーのお話は、出席した会員の心に響いたと確信しています。

さて、我々は、Eクラブではありますが、親睦と交流を目的に、以前から年に数回は、親睦例会として、会員の住むいずれかの地域に会員が集まり、例会を開催しています。 ここ数年は、1月に三重県伊勢市で、『神宮参拝例会』を継続して開催しています。

リアルな例会を開催する主たる目的は、もちろん親睦です。普段はインターネット上で例会を開催し、交流、親睦を深めていますが、やはり実際に顔を合わせて例会を行うことも重要だと思っています。

今年度も、1月には神宮参拝例会を予定しており、これ以外にも、会員有志で熊本県阿蘇市へ訪問するなど、様々な活動を行う予定です。

Eクラブらしい活動とトラディショナルクラブと同様の活動を融合させ、Rotary E-Club Sunrise of Japanらしい活動を進めて行きたいと思います。

 

 

2018-2019年副会長 (会長代行)

西井 一浩


【幹事報告】

2018-2019平賀幹事第9回例会の幹事報告をさせていただきます。

 

 
(1)2018-2019年度 ガバナーエレクト事務所開設のお知らせを頂きました。
(2)バリー・ラシンRI会長、マーク・マローニーRI会長エレクト、ジョン・ヒューコ事務総長ならびにそのほかのロータリーリーダーを装った複数のコミュニケーションやソーシャルメディアアカウントが出回っておりますので、ご注意ください。
(3)2018-2019年度 ガバナーエレクト事務所開設のお知らせを頂きました。

 

 

 


【プログラム】

2018-2019平賀幹事国連開発計画(UNDP)とオックスフォード貧困・人間開発イニシアティブ(OPHI)が発表した2018年「多次元貧困指数(MPI)」の推計によると、貧困の中で暮らす人々の半数が18歳未満の子どもとなっています。
健康、教育、生活水準の3つの主要な次元において、十分な栄養または初等教育を欠くなど、人々がどのように取り残されているのかを明らかにしています。
地域社会の発展には人材育成が必要不可欠だと思います。
日本国内でも経済的な理由や身体的な理由などの理由で勉強したくてもできない子どもたちが居ます。
日本における子どもの貧困率は13.9%(厚生労働省 平成28年「国民生活基礎調査」より)、その割合は「7人に1人」におよびます。
教育機会に恵まれなかったことで低学力・低学歴になってしまった子どもに対する学習支援も積極的に行う事が大切だと思います。

2018-2019年度 幹事 平賀隆生

 

 

Copyright(c) Rotary E-Club Sunrise of Japan. All Rights Reserved.