【副会長の時間】

tikukyo3本日は、第23回 通算358回例会となります。

会長代行の西井です。

前回の例会では、明仁上皇の天皇在位中の最後の地方訪問として、伊勢市にお越しになった際のお話をさせていただきましたが、4月30日の明仁天皇の退位礼正殿の儀、5月1日の皇太子徳仁親王の天皇即位の礼も恙無く執り行われ、令和元年がスタートいたしました。

令和元年の始まりに、新しい時代への第一歩をひしひしと感じています。

伊勢市では、譲位される天皇陛下への感謝と新天皇の即位を祝う御大礼奉祝委員会によって、伊勢神宮内宮(ないくう)前に4月1日から30日までの期間で「平成感謝の記帳所」を設置されていましたが、県内外からの参拝者にお越しいただき、最終的には記帳者は11万人を越える結果となりました。

GW期間中も、平成最後の参拝、令和元年の参拝として、非常に多くの参拝者が伊勢神宮へ起こしいただき、伊勢市内も、多くの観光客の皆様であふれ返っていました。

時代は変わっても、伊勢神宮への参拝を行われる変わらない日本人の心を感じ、うれしく思っています。

ロータリークラブにおいても、守るべきものをきっちりと守り、そして、時代や環境に対応して、臨機応変に変化することの大切さを、令和元年に感じています。

 

2018-2019年副会長 兼 会長エレクト(会長代行)

西井 一浩


【幹事報告】

2018-2019平賀幹事第23回例会の幹事報告をさせていただきます。

(1)情報規定委員会委員長より「クラブ情報規定委員長会議のご案内」を頂いております。
(2)地区より、クラブ会長エレクト会議のご案内を頂いております。
(3)2019-2020年度 地区オンツー・ホノルル委員会より、アンケートのご協力を頂いております。

 

 

 

 

 


【プログラム】

tikukyo3ロータリーでは、クラブだけでなく、ロータリアン一人ひとりが、ロータリーの活動に参加するよう強調するため、国際ロータリー(RI)理事会が月間を指定されています。

5月は、『青少年奉仕月間』とされています。

青少年奉仕月間では、『若い人々の育成を支援するすべてのロータリー活動に焦点を当て、この月間中、クラブのニュースレターやその他の広報資料に「各ロータリアンは青少年の模範」のスローガンを利用するよう奨励されています。

我が、Rotary E-Club Sunrise of Japanでは、過去2年間の継続奉仕プロジェクトとして、熊本地震で被災された、熊本県阿蘇市の阿蘇ジオパークを通して、青少年育成に協力させていただいています。

そこで、今回は、このジオパークについて、少しお話をさせていただきます。

皆さん、ジオパークをご存知ですか?

現在、日本国内には、ユネスコの定める基準で認められたユネスコ世界ジオパークに『洞爺湖有珠山』『アポイ岳』『糸魚川』『隠岐』『山陰海岸』『室戸』『島原半島』『阿蘇』『伊豆半島』の9箇所が、また、日本ジオパークとして、ほか35箇所が認定されています。

ジオパークとは、「地球・大地(ジオ:Geo)」と「公園(パーク:Park)」とを組み合わせた言葉で、「大地の公園」を意味し、地球(ジオ)を学び、丸ごと楽しむことができる場所をいい、大地(ジオ)の上に広がる、動植物や生態系(エコ)の中で、私たち人(ヒト)は生活し、文化や産業などを築き、歴史を育まれています。

ジオパークでは、これらの「ジオ」「エコ」「ヒト」の3つの要素のつながりを楽しく知ることができます。

例えば、山や川をよく見て、その成り立ちと仕組みに気づくと、今まで何とも思わなかった景色が変わって見えてきます。

またその景色が、何千万年、何億年という途方もない年月をかけてつくられてきたことを知れば、私たち人の暮らしは地球活動なしには存在しえないことも分かります。

ジオパークでは、まずそのジオパークの見どころとなる場所を「ジオサイト」に指定して、多くの人が将来にわたって地域の魅力を知り、利用できるよう保護が行われており、これらのジオサイトを教育やジオツアーなどの観光活動などに活かし、地域を元気にする活動や、そこに住む人たちに地域の素晴らしさを知ってもらう活動を行われています。

ジオパークは、保護活動やジオツーリズムだけでなく、教育などを通して、総合的な地域振興に繋げる活動のひとつになっております。

我々も、この阿蘇ジオパークさんとのご縁から、ジオパークについての理解を深めさせていただき、この日本という大地、その歴史、そしてその分野や産業との関わり、また、このジオパーク学と通じた子どもたちへの教育など、さまざまな活動に触れる機会を得させていただきました。

まだ、ジオパークについてご存知でない方は、ぜひジオパークについて知っていただきたいと思います。

ジオパークを知ることで、国内の各地への旅行が、また、見る景色が、一段とすばらしいものになると思います。

 

Copyright(c) Rotary E-Club Sunrise of Japan. All Rights Reserved.