【会長の時間】

nishii

本日は、2019-2020年度 第9回例会 通算369回です。

さて、11月は、ロータリー財団月間です。

ロータリー財団は、、ロータリアンが、健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにすることを使命として、100年以上も前に創立されて以来、教育の支援や持続可能な成果を生み出すプロジェクトに総額40億ドル以上の資金を提供してきています。 一つひとつの寄付が、世界中の地域社会を少しずつ変えていくことができます。

では、ロータリー財団への寄付が、世界にどのように影響しているのか、ご存知でしょうか。

  • わずか60セントで、1人の子どもをポリオから守ることができます
  • 50ドルで、水を介する疾病から人びとを守るために安全な水を提供することができます
  • 500ドルで、いじめ撲滅キャンペーンを立ち上げ、子どもたちに安全な環境をつくることができます

当クラブは、2020-2021年度地区が推奨される年次寄付200ドル以上を目標としています。

皆さんのご理解とご協力をお願いいたします。

それでは、会長の話は以上とさせていただきます。

2019-2020年会長

西井 一浩

 

 


【幹事報告】

Akira Niida 18

2019-2020年度幹事の新居田です。幹事報告をさせていただきます。

(1)地区より、ロータリー財団月間のリソースのご案内をいただきました。

(2)地区より、「地区大会選挙人会議における協議に関する御報告と御依頼」をいただきました。

(3)地区より、2019年手続き要覧日本語版の事前注文のご案内をいただきました。

(4)地区より、11/30開催のクラブ情報規定委員長会議のご案内をいただきました。

詳細は、Facebookグループにアップさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 


【プログラム】

藤本竜太 会員

会長エレクトの藤本です。

今回のプログラムを担当させていただきます。

今回は、先日10月26, 27日に開催された国際ロータリー第2640地区 2019-2020年度地区大会の報告をさせていただきます。

今回の地区大会は、ホテルアゴーラリージェンシー大阪堺で2日間開催され、1日目の夜には、鈴木RI会長代理ご夫妻の歓迎晩餐会が催されました。

地区大会1日目は、『現行乳がん検診技術の課題と世界初マイクロ波マンモグラフィの実現』と題して応用物理学者である、神戸大学教授の木村建郎様の講演が行われました。

木村様は、。応用数学史上の未解決問題であった「波動散乱の逆問題」の解析の導出に世界で初めて成功され、多重経路散乱場理論を確立された方ですが、今回の講演では、マイクロ波の利点について、また、他の医療検査機器の課題や問題点など、時に笑いありで、我々素人にも分かりやすく、お話いただきました。

選挙人会議には、新居田幹事に選挙人として出席いただきましたが、私もオブザーバとして出席させていただきました。

すべての事項について、恙無く進行し、有益な決議が行われました。

晩餐会は、ピアノ、バイオリン、チェロの協奏、ソプラノ歌手の歌声でスタートし、多くのロータリアンが参加されており、盛大に鈴木RI会長代理ご夫妻を歓迎させていただきました。

地区大会2日目は、市民公開講演会として、『吉本興業の歴史と今後のありかた』と題して、吉本興業ホールディングスの取締役副社長である田中宏幸様のご講演、本会議では、『2025年大阪・関西万博に向けた大阪のイノベーション』と題して、大阪観光局 局長である溝畑 宏様の講演など、内容も盛りだくさんで、充実した、そして楽しい2日間を過ごさせていただきました。

地区大会で得た新しい知識やアイデアを活用し、2020-2021年度へ向けた準備を進めたいと思います。

 

会長エレクト 藤本 竜太

 

 

 

 

 

 

Copyright(c) Rotary E-Club Sunrise of Japan. All Rights Reserved.