【会長の時間】

nishii

2019-2020年度 第17回例会 通算377回例会です。

コロナウイルスの影響で、先般より全国の学校が休校となり、小学校のお子さんをお持ちのご家庭では大きな影響が出ているようです。

私も、会社では障がい児を対象とする放課後等デイサービス事業を提供させていただいており、代表を務めるNPOでは学童保育サービスを提供している関係で、急遽午前中からの開所要請をいただき、非常にバタバタとした1週間を過ごしました。

濃厚接触や感染拡大を防ぐ目的での学校休校には賛成しておりますが、このような放課後等デイサービスや学童保育へのしわ寄せは厳しいところです。

以前より感染症予防に取り組んできましたが、このような新型コロナウイルス感染症の拡大は想定外のため、さらに組織内で色々なケースを想定して、予防対策に取り組んでいきたいと思います。

当クラブは、Eクラブであり、会員が集まる機会は元々少なく、トラディショナルクラブのように毎週例会で集まることがないため、今のところ大きな影響はありませんが、現在予定している親睦例会や奉仕プロジェクトの実施も少し計画を見直す必要がでてきそうで、心配しています。

今年度は、Eクラブとトラディショナルクラブの垣根を取っ払った取り組みとして、当クラブの通常のウェブ例会とは別に、三重県内に住む会員が集まり、ミニ例会の開催、親睦会、理事会などを開催しています。

今後の新型コロナウイルス感染症の状況によっては、このミニ例会、親睦会の開催も再考していく必要が出てきてしまうのではと危惧しています。

先ずは、一人ひとりが感染拡大を防止することを第一に行動していくことが大切だと思います。

それでは、会長の話は以上とさせていただきます。

2019-2020年会長

西井 一浩

 

 

 

 


【幹事報告】

Akira Niida 18

2019-2020年度幹事の新居田です。幹事報告をさせていただきます。

(1)ガバナー事務所より、2022-2023年度ガバナー候補者選出についてのご案内をいただきました。

(2)RI日本事務局より、財団室NEWS 3月号のご案内をいただいております。

(3)RI日本事務局より、国際ロータリー出版物の販売終了についてのご連絡をいただいております。

(4)ガバナー事務所より、『水と衛生月間』のリソースについてのご案内をいただきました。

 

 

 

 


【プログラム】

20180630_150x150

3月は水と衛生設備月間ということで、我々日本人にとってはいつでも安く手に入れる事ができる「水」について考えてみました。
水は毎日世界平均で1人あたり約186L使うと言われております。
日本では、世界平均の約1.5倍の284L使用しているそうです。
2015年の調査では、風呂(約40%)、トイレ(約21%)、炊事(約18%)、洗濯(約15%)といった洗浄を目的とするものが大部分を占めています。
「髪や体を洗うとき、シャワーを流しっぱなしにしない」、「洗濯の回数を減らし、まとめて洗う」、「食べ残し、飲み残しを減らす」など、皆さん頭では理解していても気がまわらない事もあるかと思います。毎年3月22日が「世界水の日(World Water Day)」として定められており、日本では8月1日が「水の日」、8月1日~7日は「水の週間」となっております。
このように「水」について考え、節水に取り組む事で次代の人々に繋げたいと考えております。
 

 

Copyright(c) Rotary E-Club Sunrise of Japan. All Rights Reserved.