【会長の時間】

nishii

2019-2020年度 第22回例会 通算382回例会です。

先ずは、世界各地で感染拡大を続ける新型コロナウイルス感染症により亡くなられた方々、闘病されていらっしゃる方々、そのご関係者の皆さまに、心よりお見舞い申し上げますとともに、この困難な状況の中、身を挺して医療、対策にあたっていらっしゃる医療従事者の方々に、心からの敬意と感謝を申し上げます。

さて、5月14日に39の県で緊急事態宣言が解除され、また、昨日、残り8都道府県の緊急事態宣言も解除されました。

ここ数日は、1日の新規感染者数が50人を大きく下回る日が続いており、GW期間中の皆さんの自粛への協力の成果が出ていると感じました。

世界を見回しても、ロックダウンを行わず、また、大規模なPCR検査を実施せずに、このように新規感染者数を低く抑えたことは例がないのではないでしょうか。非常に嬉しく思います。

これからは、「新しい生活様式」を取り入れ、各自、各社が対策を講じた上で、きっちりと職業奉仕に勤しみ、日本の経済を回していきたいと思います。

海外の状況を見ても、やはり第二波、第三波の発生が見られます。緊急事態宣言が解除されたから、これまで通りの生活にすぐ戻る、ということは難しいと思います。

私の職業は、障がい者総合福祉事業、人材派遣事業を行っていますが、3月頃から様々な感染症対策を実施して、何とか一人の感染者も発生することなく、今日までやってきました。

一人のロータリアンとして、また、一人の起業家として、海外に向けた奉仕プロジェクトなども大切ですが、やはり、日々、地域社会の皆さんに貢献できる、奉仕活動が重要だと再認識いたしました。

新型コロナウイルス感染症の影響で、今年度の後半は、全くと言って良いほど、奉仕活動や親睦活動ができない日々が続いておりました。

PETSも延期からの開催方法の変更、地区研修協議会も延期し、規模も大きく変更されるとのことで、次年度にとっても、厳しいスタートになりそうです。

気が付けば、今年度の例会も残すところ今回を含めて2回となりました。

今年度の最後まで、精一杯会長職を全うさせていただきたいと思います。

 

2019-2020年会長

西井 一浩


【幹事報告】

Akira Niida 18

2019-2020年度幹事の新居田です。幹事報告をさせていただきます。

(1)RI日本事務局より、My ROTARYの新規ユーザのためのアカウント登録説明動画のご案内をいただきました。

(2)ガバナーエレクト事務所より「RI理事会決議報告を受けて」のご連絡をいただきました。

(3)RI日本事務局より、「アンケートご協力のお願い」についてのご連絡をいただきました。本年度会長・幹事にて対応いたします。

 

 

 

 

 

 


【プログラム】

Fujiwara今年度新入会員の藤原卓也です。

今回は、新入会員の担当例会ということでご指名いただきましたが、すでに、自己紹介などは以前のプログラムでさせていただいておりますので、今回は自己紹介は割愛させていただきます。

私は、西井会長の同級生で、会長の推薦で、Rotary E-Club Sunrise of Japanに入会させていただきました。

他の団体に所属しておりますが、ロータリアンとしてはまだまだひよこで、右も左も分かりませんが、今年度は、後半から新型コロナウイルス感染症の影響で、私の友人が所属しているロータリークラブでも例会が中止されるなどの影響があったと聞いています。

我々のクラブは、Eクラブということで、このウェブサイトでの例会開催、Zoomなどのウェブ会議システムを使った会議、実際に近くに住む会員が集まっての親睦や委員会開催など、上手くリアルとバーチャルを組み合わせて、何とか活動を継続できています。

確かに、今年度予定していた一部の奉仕活動は、緊急事態宣言での自粛により、実施できなかったこともあり、進入会員としては、少し不完全燃焼なところがあります。

しかし、今回のような我々が生まれてから50数年の間でこれまで経験したことのない、感染症の流行という、目に見えない恐怖との闘いを通して、新しい価値観が生まれ、また、創意工夫による新たな取り組みが生まれていると思います。

日本は、地震、台風、水害、津波など災害大国で、そのような災害には常に気を配ってはいましたが、サーズやマーズなどこの10年ほどの間に発生した感染症などは、少し対岸の火事、テレビで見る出来事のように、少しリアリティにかけていた部分があったと反省しています。

今回の新型コロナウイルス感染症の流行で、少し立ち止まり、考える時間ができたという点では、良かったと思います。

まだまだ、感染され入院されている方も見えますし、医療従事者の皆さまは本当に身を削る活動を続けていただいています。

今は、ただただ、感謝することしかできませんが、このロータリーの活動を通して、何らかの奉仕活動をしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

Copyright(c) Rotary E-Club Sunrise of Japan. All Rights Reserved.