【会長の時間】

nishii

2019-2020年度 第23回例会 通算383回例会です。

先ずは、世界各地で感染拡大を続ける新型コロナウイルス感染症により亡くなられた方々、闘病されていらっしゃる方々、そのご関係者の皆さまに、心よりお見舞い申し上げますとともに、この困難な状況の中、身を挺して医療、対策にあたっていらっしゃる医療従事者の方々に、心からの敬意と感謝を申し上げます。

さて、今回の例会が、2019-2020年度の最終例会となります。

当初の予定であれば、最終例会は新旧引継ぎ例会として、リアルの例会を開催する予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響から、会員が居住する地域から県を跨いで移動する上での感染リスクなどを考慮し、今回はリアル例会・親睦例会は中止することとなりました。

新型コロナウイルス感染症の影響、緊急事態宣言の発出、期間の延長など2019-2020年度下期は、我々がこれまで経験したことのない、様々なことが発生しました。

当初予定していた幾つかのプログラムを中止するなどの状況もありましたが、クラブ会員の皆さんのご協力のお陰で、何とか1年を終えることができそうです。

次年度も、厳しいスタートとなりますが、クラブ会員の皆さんが一致団結し、新しい仲間を少しでも増やし、意義のある奉仕プロジェクト、楽しい親睦活動を行っていただきたいと思います。

2019-2020年会長

西井 一浩

 

 

 

 

 


【幹事報告】

Akira Niida 18

2019-2020年度幹事の新居田です。2019-2020年度最後の幹事報告をさせていただきます。

(1)ロータリーの友事務所より6月以降の友事務所の対応についてのご案内をいただきました。

(2)RI日本事務局よりロータリー親睦活動月間のリソースのご案内をいただきました。

(3)RI日本事務局より「財団室NEWS 6月号」のご案内をいただきました。

(4)RI日本事務局より「事務所業務再開および業務時間変更」のお知らせをいただきました。

(5)RI日本事務局より「例会の開催方法と出席について」のご案内をいただきました。

(6)地区会員増強・維持委員会より「ロータリーと共に寄り添い」との文書をいただきました。

(7)ガバナーエレクト事務所より「2020-2021年度の公式訪問について」のご案内をいただきました。

クラブ会員の皆さん、1年間ご協力いただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 


【プログラム】

nishiiさて、本日は2019-2020年度最終例会となります。

Rotary E-Club Sunrise of Japanに入会させていただいてから、幹事代行、幹事、そして会長と様々な役職を経験させていただきました。

地区を巻き込んだ問題、クラブ内の問題など、ここ数年の間に多くの問題が発覚し、その都度、何とか収束させることができました。 しかし、これらの問題の結果、ローターに嫌気が刺したり、色々な思いを持って何人かの仲間が退会してしまいました。

一方で、地区内でも私たちのロータリー活動、ロータリーへの思いを少しずつ理解いただき、応援いただける方も増え、また、クラブ会員として新しい仲間も数名入会してもらえました。

改革には少なからず血を流すことも必要だと思います。 ロータリーは性善説で成り立っていますが、ロータリーに入会されるすべての人がそうではないのも事実です。

私は、REC Sunrise of Japanに入会する前は、RID2630のトラディショナルクラブに長年在籍させていただき、会長職も経験させていただきました。

今後は、直前会長、パスト会長として、トラディショナルクラブの良いところと、Eクラブの良いところを上手く融合し、ハイブリッド形式でのクラブ運営を行い、少しでも多くの仲間と共に、奉仕活動、親睦活動を行っていきたいと思います。

1年間、どうもありがとうございました。

 

Akira Niida 182019-2020年度幹事の新居田です。

中野ガバナー、地区役員の皆さん、ガバナー事務所の職員の皆さん、そして、クラブ会員の皆さん、1年間ありがとうございました。

Rotary E-Club Sunrise of Japanに入会して、数年の間に、会長を2期、そして今年度は幹事とクラブの中心で活動させていただき、多くの気付きと学びをさせていただきました。

私は、ロータリークラブとの関わり方、自分自身が思い描くロータリークラブの未来像、色々なことを考え、トラディショナルクラブからこのEクラブに移籍させていただきました。

REC Sunrise of Japanは、当初思い描いていたEクラブとは、大きなギャップもあり、そして、西井会長が仰った通り、多くの問題を抱えていました。

西井会長の仰るロータリークラブは性善説、ロータリー章典、手続要覧、定款・細則、どこを見ても、基本的には罰則はなく、あくまでもロータリーの活動を通して、良いことをするために同志、仲間が集まった集団です。

しかし、ロータリークラブを使い不正な利益を得ようとする輩、ロータリークラブを独裁しようとする輩、ロータリークラブを自分をよく見せるためのバッジとして利用する輩、ここ数年だけでも色々なロータリアンを見て、少しロータリークラブに対して不信感と嫌気が刺した時期もありました。

会員増強は、ロータリークラブとしての命題ではありますが、その真意は、単に数を増やすことではなく、ロータリークラブを理解し、共に奉仕活動や親睦活動を行うことができる仲間を一人でも増やすことであると思います。

そういった意味で、次年度は、会長幹事を中心に、新しい風をこのREC Sunrise of Japanに吹かせてもらいたいと思います。

重ねて、1年間ありがとうございました。

 

 

 

 

 

Copyright(c) Rotary E-Club Sunrise of Japan. All Rights Reserved.