【会長の時間】

nishikawa

2020-2021年度 第2回例会 通算385回例会です。

先ずは、世界各地で感染拡大を続ける新型コロナウイルス感染症により亡くなられた方々、闘病されていらっしゃる方々、そのご関係者の皆さまに、心よりお見舞い申し上げますとともに、この困難な状況の中、身を挺して医療、対策にあたっていらっしゃる医療従事者の方々に、心からの敬意と感謝を申し上げます。

さて、新型コロナウイルス感染症の影響が引き続き全国で猛威を奮っており、なかなか会員が集まる機会や集まって奉仕活動を行うことが難しい状況が続いています。

昨年度からEクラブではありますが、近隣の会員が集まり、奉仕活動の計画や勉強会などを行っていましたが、昨年度後半からは、これらの活動も少し停滞気味となっています。

このようなタイミングで会長を拝命しましたが、新しい生活様式を取り入れ、withコロナ、afterコロナを見据えて、新たな活動の方法を模索していきたいと思います。

2020-2021年会長

西川 徹

 

 

 


【幹事報告】

柴田さん

2020-2021年度幹事の柴田です。幹事報告をさせていただきます。

(1)RI日本事務局より、『新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた「日本事務局在宅勤務」 のお知らせ』のご案内をいただきました。

(2)ガバナー事務所よりクラブ社会奉仕委員長会議のご案内をいただきました。9/19に和歌山県JAビルでの開催となります。

 

 

 

 

 


【プログラム】

nishikawa柴田さん

2020-2021年度の第2回例会は、今年度の活動計画の発表の場とさせていただきます。

先ず、当クラブの2020-2021年度は、前年度を踏襲し、『ウェブ担当・クラブ管理運営委員会』『ロータリー財団・米山記念奨学委員会』『会員増強維持・広報委員会』『奉仕プロジェクト委員会』と、クラブの中長期計画を検討する『戦略委員会』の5つの委員会で活動を行います。

『ウェブ担当・クラブ管理運営委員会』としては、以下の4点を重点項目として活動を行います。

・ウェブサイトを通したロータリー公共イメージと認知度向上と掲載内容の拡充

・マイロータリー普及促進

・ガバナー公式訪問例会、親睦例会の企画、運営

・地域ミニ例会の開催

『ロータリー財団・米山記念奨学委員会』としては、以下の5点を重点項目として活動を行います。

・ロータリー財団への寄付を行おうプロジェクト(210ドル以上/1名)

・米山記念奨学会への寄付を行うプロジェクト (15,000円以上/1名)

・関連卓話の開催

・米山梅吉記念館への訪問

・グローバル奉仕プロジェクトの検討

『会員増強維持・広報委員会』としては、以下の4点を重点項目として活動を行います。

・ウェブサイト、SNSを活用した情報発信

・クラブ紹介リーフレットの作成

・真のロータリアンとなり得る人材の紹介プロジェクト

・新入会員候補者の調査、厳正な審査の実施

『奉仕プロジェクト委員会』としては、以下の3点を重点項目として活動を行います。

・継続奉仕プロジェクト「いのちの電話支援」の実施

・会員一斉地域清掃活動の計画、実施

・withコロナ、afterコロナへ新たな奉仕プロジェクトの検討と実施

『戦略委員会』としては、前年度に引き続き、以下の4点を重点項目として活動を行います。

・海外での奉仕プロジェクトのための調査、計画

・クラブ細則の見直し

・中長期奉仕プロジェクトの検討

・Eクラブとしての在り方について

コロナ禍ではありますが、クラブ会員個々ができること、クラブとしてできること、を一つ一つ行っていきたいと思いますので、皆さん、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

Copyright(c) Rotary E-Club Sunrise of Japan. All Rights Reserved.