【会長挨拶】

新居田章 クラブ会長

Rotary E-Club Sunrise of Japan 2016-2017年度会長を拝命いたしました、新居田 章です。 待ちに待った2016-2017年度の第1回例会となりました。

非常に、身の引き締まる思いですが、1年間この役割を楽しみたいと思っております。

先ずは、簡単に自己紹介をさせていただきます。

三重県伊勢市に在住しており、今年39歳となります。ロータリー歴は、2011年からRID2630 伊勢度会RCに入会させていただき、2013-2014年度に副幹事と特別委員長を拝命し、当時の幹事の厳しい?愛情を持ったご指導をいただき、ロータリーの楽しさを知りました。翌2014-2015年度、幹事予定者の突然の退会により、急きょ幹事を拝命、結果的に、そのおかげで、当時の伊勢・鳥羽・志摩グループの河口ガバナー補佐との出会い、また、伊勢・鳥羽・シバグループの他の5RCの会長幹事との出会いで、更に、ロータリーの楽しさを体験させていただきました。

2015-2016年度より、クラブを移籍し、このREC Sunrise of Japanに入会させていただき、副幹事とウェブ担当委員長を拝命、そして、この度、会長を拝命することとなりました。

若さと探究心、そして、ロータリーを楽しみたいとの思いのみで活動させていただいております。

さて、今年度、ジョン F. ジャーム国際ロータリー会長は、会長テーマとして、『ROTARY SERVING HUMANITY ~人類に奉仕するロータリー』と掲げられております。 ロータリーの初期から、人類への奉仕はロータリ ーの礎であり、主な存在理由となっており、今日の世界で意義ある奉仕を行う最善の道はロータ リー会員になることであると、ジョン F. ジャームRI会長は述べておられます。

当クラブの会員もそうですが、 ロータリーには、様々な分野から熱心で有能な職業人が集まっています。ロータリアンとして、世界でも っと大きな「よいこと」の推進力となるために、固い 決意と熱意でポリオ撲滅を成し遂げ、勢いをつけて ロータリーをさらに前進させながら、これまでの成 功をバネに飛躍するときが来たと、ジョン F. ジャームRI会長はおっしゃっています。

今年度、私は、このRI会長テーマを基に、クラブ会長方針として、『No Fun, No Rotary!! ~ロータリーを楽しもう』と設定しました。

ジョン F. ジャームRI会長のテーマを成し遂げる上で、先ず、我々ロータリアンが、ロータリーの活動に、個々人が進んで参画すること、そして、個々人が楽しむことが不可欠だと考えています。

会員の皆さんは、ロータリーに入会された時、何かを期待し、何かを成したいと思い、入会されたと思います。

今年度、ロータリーに入会された当初の思い、初心に帰って、楽しく、そして、意義のある1年を過ごしましょう。

 

 

【幹事報告】

西井一浩 会員

前年度に引き続き、幹事を拝命いたしました、西井一浩です。 新居田会長と共に、1年間よろしくお願いいたします。 それでは、幹事報告をさせていただきます。

① 福井ガバナー事務所より、ガバナー事務所開設、ウェブサイト開設のご案内をいただいております。詳細は、クラブウェブサイトをご確認ください。

② 7月4日付にて、2名の池田彩音会員、永縄さつき会員と2名の新会員が入会されました。皆さん、よろしくお願いいたします。

③ 本日時点で、すべての所属会員より、2016-2017年度会費、ロータリー財団への寄付、並びに米山記念奨学会への寄付をお振込をいただきました。 早期のご入金、ありがとうございました。

④ 7月のロータリーレートは、102円となります。

⑤ 8月20日(土)に名古屋市で開催予定の『納涼親睦例会』のご案内をメールにてお送りいたしました。出欠連絡をお願いいたします。

 

【プログラム】 「会長挨拶並びに奉仕活動計画の発表」

新居田章 クラブ会長

さて、第1回例会プログラムは、会長挨拶と今年度の奉仕活動計画の発表となります。

会長挨拶は、冒頭に述べされていただきましたので、今年度の奉仕活動計画の発表に進めさせていただきます。

さて、会員の皆さんは、すでにご承知の通り、2016年2月より、前年度理事会の下、今年度の理事会メンバーにより、準備理事会を開き、今年度の奉仕活動計画、年間プログラムなどの検討を進めてまいりました。

会員の皆さんには、すでにご連絡しました通り、2016年4月に開催された規定審議会では、非常に多くの、そして重要な決定が行われました。

これらの規定審議会の結果を踏まえ、準備理事会では、今年度のスタートに間に合わせるため、クラブ定款並びに細則の改訂作業を進め、臨時の会員総会の結果、6月10日付にて新しい定款と細則を承認いただき、今年度は、新しい定款、細則に基づく運営を行わせていただきます。

ジョン F. ジャームRI会長のテーマ『ROTARY SERVING HUMANITY ~人類に奉仕するロータリー』を実現する上で、クラブ会長方針として、『No Fun, No Rotary!! ~ロータリーを楽しもう~』と設定しました。

これは、会長挨拶でも述べさせていただいた通り、ロータリーに入会し、ロータリアンとして活動していく上で、先ず、各会員が、ロータリー活動を楽しんでいることが大前提です。 この楽しみ方は、千差万別、会員により異なることは十分承知しています。

ロータリーの楽しみ方には、毎回の例会に参加すること、クラブ内の会員と親睦を深めること、ロータリーの友を熟読すること、マイロータリーを使ってロータリーに関する知識を得ること、他のクラブへメークアップへ行き親睦の輪を広げること、公式非公式を問わず、他の地域のロータリアンと交流すること、マイロータリーを使ってロータリーの知識を得ること、クラブの親睦活動に参加すること、他の親睦活動を行うこと、ロータリーには様々な親睦、奉仕の形があります。

2016-2017年度会長としては、内外からご批判やご意見があるのは承知しておりますが、先ずは、クラブ会員が親睦を深め、新たな奉仕活動へ積極的に参画していただけるよう、年4回の親睦例会を計画しました。

この親睦例会は、それぞれの地域に住むクラブ会員に例会の準備をお願いし、8月に名古屋で『納涼親睦例会』、1月に伊勢市で『新春神宮参拝例会』、4月に和歌山で『観桜親睦家族例会』、そして、6月には大阪で『新旧役員引継例会』として開催します。

今年度の奉仕活動は、個々人の職業奉仕を進めていくことは当然のこととして、REC Sunrise of Japanの継続奉仕事業である『いのちの電話協会の支援』に加え、国際奉仕プロジェクトも計画中です。

来年の6月30日に、会員の皆さんが、「ロータリーに入会して良かった」「ロータリーを続けていて良かった」「この1年は、最高にエキサイティングした1年だった』と言っていただけるロータリー年度とすべく、西井幹事を筆頭に、各委員長と一丸となって、クラブ運営を進めて行きたいと思います。

 

 

 

Copyright(c) Rotary E-Club Sunrise of Japan. All Rights Reserved.