国際大会最終日の本会議ステージで挨拶をするラビンドランRI会長エレクトご夫妻。今回の国際大会には、150を超える国や地域から14,500人が出席しました。
サンパウロでのロータリー国際大会最終日となる6月9日
K.R. ラビンドランRI会長エレクトが、7月1日に新たに導入される会員特典プログラム「ロータリー グローバル リワード」に関する発表を行いました。このプログラムは、会員の満足度を高めて会員増強につなげることを目的としています。
「この革新的なプログラムによって、ロータリー会員は世界中の数百もの企業・ビジネスから提供される特典を利用でき、参加企業の数は現在も増えている」と話すラビンドラン会長エレクト。「ロータリアンが日々の生活のさまざまな場面で利用できる特典が含まれており、利用の度に財団に寄付が送られる特典もあります」
参加企業には、レンタカー会社、ホテル、レストラン、娯楽施設などの世界中の企業が含まれており、次年度を通じてさらに多くの企業からの特典が加わる見込みです。
「世界へのプレゼントになろう」という2015-16年度のテーマを掲げたラビンドラン氏、「ロータリーネットワークに参加し、ロータリアンとして活動することの恩恵を得る新たな方法となる」と、この特典プログラムへの期待を語りました。

Copyright(c) Rotary E-Club Sunrise of Japan. All Rights Reserved.