【会長挨拶】

Akira Niida 3 本日は、2017-2018年度の第7回 通算318回例会です。

さて、今月は『経済と地域社会の発展月間」に加え、10月2~8日は『ロータリー学友参加推進週間」、24日は『世界ポリオデ―』など盛りだくさんの月間となります。

経済と地域社会の発展については、本日の卓話で、田原会員よりお話をいただきますので、会長の話では、24日の『世界ポリオデー』の関連するお話をさせていただきます。

10月24日世界ポリオデーとは、『世界がひとつになってポリオ撲滅を応援する日』として設定されています。

5回目となる今年の世界ポリオデーイベントは、ビル&メリンダ・ゲイツ財団と共催で行われ、ゲイツ財団本部 (米国シアトル)から世界配信されます。

https://www.endpolio.org/ja/shi-jie-poriode

ポリオ撲滅に向けた進展を専門家や著名ゲストと共に確認され、「ポリオの無い世界」実現への決意を新たにする機会です。 また、10月24日には、世界各地でもポリオ撲滅にちなんだイベントとして、募金活動、ポリオ関連ビデオの上映、チャリティコンサート、スポーツイベント、が多数計画されています。

 

ぜひ、皆さんも可能な方法で、これらのイベントにご参加ください。

今回は、田原会員のスピーチですので、皆さんお楽しみください。

 

 


【幹事報告】

ファイル_000幹事報告をさせていただきます。

① 11/4(土), 5日(日)の両日、RID2640地区大会が開催されます。まだまだ、ご出席いただける方を募集しておりますので、Facebookページでコメントをお願いいたします。

② 地区より、米山奨学生卓話招聘のお願いを頂戴しました。

③ 地区より、クラブ情報規定委員会のご案内をいただきました。12月10日(土)にルミエール華月殿で開催されるとのことです。

④ 福井直前ガバナー事務所より、2016-2017年度の会計報告を頂戴いたしました。詳細は、Facebookグループで連絡いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


【プログラム ~経済と地域社会の発展~】

taharaこんにちは。
今回も卓話させて頂きます。
私のビジネスはブラインドの製造販売です。それを韓国で製造し輸入販売しています。中国でブラインド資材は生産して、その資材を韓国でブラインドに組み立てます。私の販売するブラインドは全てがフルオーダーのブラインドになりますので1台1台が別物になります。

そこで私が日本で初めて製作したのが熊本県阿蘇郡の小国杉のブラインドです。これは小国の製材所とコラボレーションして製造販売をしています。現在までに小国町役場や九州の大手の会社様、一般のお客様にも多くお届けをしています。このブラインドの製作のキーワードがグローカルです。平松元大分県知事に教えて頂いた言葉です。
ローカルだけどグローバル
この言葉を自分で考えビジネスモデルの構築をいたしました。

木製ブラインドの木は小国杉です。
温泉で有名な黒川温泉のエリアで60年以上育った小国杉を使用しています。それに福岡県築上町の菜種油と蜜蝋で作った蜜蝋ワックスを塗り自然派志向のお客様にお届けをしています。おかげさまで販売量は増えています。

グローカルとは
グローカル(Glocal)とは、グローバル(Global:地球規模の、世界規模の)とローカル(Local:地方の、地域的な)を掛け合わせた造語で、「地球規模の視野で考え、地域視点で行動する(Think globally, act locally)」という考え方です。グローバル化とローカル化を同時並行的に進めて、現地化しなければならないという日本企業の海外戦略の理念・ポリシーとして1980年代に発祥し、現在では世界的に、環境問題、地域開発、政治、経済といったあらゆる分野で用いられています。

現在は日本のマーケットの規模も小さいですが地元九州の物を海外でも販売したいと思います。今後は韓国での販売も視野に入れ韓国のビジネスパートナーと頑張って行きたいと思います。よろしくお願いいたします。
副会長 兼 奉仕プロジェクト委員長 田原和己

Copyright(c) Rotary E-Club Sunrise of Japan. All Rights Reserved.